宮崎を拠点に鳶工事業(足場組立解体など)を専門に行っております。足場のことは全て松浦組へお任せ下さい。
News & Topics
<支援金及び救援物資寄付>
東日本大震災による被災者の皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

弊社では被害を受けられた方々へ以下の通り被災支援を行いました。
◆義援金◆   日本赤十字社に、代表取締役 松浦秀次 個人資産より100万円、会社資産より100万円
◆救援物資◆ 弊社社員、協力会社様(長英工業=長友社長、鳶大葉=椎葉社長、崇栄=可児社長)、友人の岡田亮
           様より粉ミルク、おむつ等を寄付
◆物資搬送◆ 弊社ハイエースバン、4tトラックの合計2台で物資を直接被災地へ搬送 

 被災者の方々へ何か少しでも支援できれば、との想いから声掛けをし、多くの方々にご協力ご賛同いただきました。
皆様の温かいお心遣いに心より感謝申し上げます。

<救援物資積込>
3月19/20/21~自然家(佐藤建設株式会社様)にて被災地への救援物資の集積活動を佐藤社長が行い、市民の皆さまからの救援物資を取りまとめる。
その後、被災地への搬送準備を21日18時頃から行う。

<静岡県で合流>
この度、救援物資輸送を共同で行っている静岡の方々と、東名高速道路某PAにて合流。
※23日、深夜0時30分頃(到着予定時間より約2時間程度の遅れでした。)
それぞれ、救援物資を被災地に向けてこれより出発。
※タンクローリー車も同行いただいていたので、燃料の心配もなく被災地を目指す。

<宮城県七ヶ浜町中央公民館>
23日、正午前に救援物資(宮崎からの物資)を無事届ける。
その後、静岡の救援物資輸送車は他の被災地に物資を届けるため、それぞれ出発。

<宮城県宮城野区>
被災地の凄まじい光景を目の当たりにして身震い・・・それでも、少しずつ復興に向け頑張っている地元の方々を見て、元気づけられました。
僕の『心が晴れない感じ』が、何かふっ切れたように思います。
同じ時代を共に生きる仲間として、僕たちが今できることを、これからも継続していくことが一番大切なことだと思います。
被災され、残された人々が1日も早く希望を取り戻し、また新たな目標に向かって進んで行ってほしいと願っています。

有限会社 松浦組 〒880-2101 宮崎県宮崎市大字跡江850番地2 tel:fax.0985-47-9811
Copyright©2010 matsuuragumi All Right Reserved.